ナツ☆日記

It's Process!すべてはひとつ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本の電話

ご無沙汰、ナツ日記。

色々書きたいことあるんだよ~

誕生日祝ってくれた方達に感謝の気持ちとか台湾旅行とか大好きな人の帰国が近づいてこの寂しさとか。



でも、
今日は友達のことについて書こうかな。

小学校の時の友達。

その子が中学で内地の学校に行っちゃったからそこで交流がなくなっちゃってた。

けど、私が留学中に実家の方に手紙をくれてそれに返事をだしてまた繋がりができたの。
一度彼女が沖縄に戻ってきた時に一度会って色々話した。

友達は心の病気になっていて色々問題を抱えてた。

小学校の頃は、とても活発でリーダー的なポジションで友達も沢山いた。頭も良くて絵もとても上手で。
私は彼女の絵が好きでいつもお願いして描いてもらってたなあ。

素敵なお家に住んでて、お誕生会とかおよばれしてよくお邪魔してたと思う。

小学校の頃の私は対照的にかなーりのシャイで話すの苦手で気にしいで、ナイーブだったからよわっちかったんだけども。今ではアメリカ生活のおかげか、図太くなって、ひょうひょうとしてる。



今日突然の彼女からの電話。

今にも崩れそうな、だけど必死にバランスを保とうとしている、と感じた。

口調が強くなったり、泣き出したり、テンション上げてみたり、電話の向こうで崩れちゃいそうだった。
だめになっちゃいそうだったから私に電話したんだと思う。寄りかかれる人がほしくて。

昔の友達はすでに今を生きてて、私とは別の関係性の中で生きている。だから友達だったわけだけど、もう連絡取ったりもしていない。過去に置いていく大切さを最近ちょっとずつ理解してきてるから、過去の友達への執着心はなくなってきた。現在で必要ならばまた縁あって繋がりがもてるはずだし無理に全ての人と繋がっていようとする必要はないのかなと。

だけど、彼女は過去に生きている。
多分、キラキラしてた沖縄での子供時代だけが生きる希望なのか。
小学校のころ好きだった人に想いを寄せて、仲の良かった友達を頼って。

彼女から離れて行った同級生達を批判できるのか?
心の病気は難しい。ややこしい。普通の人が頼られてもその人達も自分の事で一杯一杯で、抱えきれなくなっちゃうんじゃないかな。

じゃあ私は?
分かる、この電話は彼女のSOS。
私に聞いてほしいんだよね。独りは辛いもの。
悲しい時、辛い時、誰かにいてほしいんだよね。
私にこの役目がちゃんとつとまるのかな。そんなつもりなくても傷つけちゃわないかな。

前に元同僚に似たように不安定な人がいて、よく電話がかかってきてたから難しさ分かる。
負の感情をシェアして軽くして、それでも文句を言われたりして。(向こうも不安定だからね、私を批判したりも)



心の病気は、悲しいな。

微々たるものだろうけど私でも力になれるのかなって考えてる。






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

natsu

Author:natsu
生まれた時から沖縄の太陽に焼かれ、、ただいま、CAの太陽に焼かれています。

2009年8月より沖縄へ戻ってきました。

2012年再留学。
まだまだ落ち着かない。未来は未知数!

2014年、約7年の道のりを経てやっとチャイルドライフスペシャリストになれました。というわけで今はまた沖縄の太陽に焼かれています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。