ナツ☆日記

It's Process!すべてはひとつ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teddy bear clinic

クラスの一環でTeddy bear clinicに参加してきました。

Teddy bear clinicでは病院で経験する様々な処置をmedical playを通して子ども達に学んでもらおうというもの。
体重身長測定、体温測定、聴診器、予防注射、血圧測定、応急処置、目と耳の検査などのブースが設けられ、子ども達にお医者さん、看護婦さんになってもらい、持って来たぬいぐるみに治療をしてあげることで治療に対する理解を深めてもらおうという意図があります。

今回は私はImmunization(予防接種)のセクションをまかされました。
確か、大学時代に一度子ども病院でTeddy bear clinicに参加した事あったけど、説明の仕方だとかすっかり忘れていて、まず聴診器とか注射器って英語で何て言うんだっけ?とかそういうレベルでした。。

けれど、CLSのGinaさんが気をきかせてくれて私のパートナーにインターンの子をつけてくれたおかげでどうやって子どもに分かりやすく説明できるかその子から沢山学ぶ事が出来ました。その子はちゃんと年齢に合わせて言葉や説明の仕方を臨機応変に変えていてすごいなあと思いました。

子ども達の年齢も理解力も性格も様々。CLSは常に臨機応変に対応出来る能力を期待されてるなあと実感。

2歳の子に細かい説明しても難しいので説明は本当簡潔にしていたり、大きい子になれば、何で予防注射が必要なのかとかどうして暴れたらいけないのかとか理由を説明したりしてました。

子どもの反応を観察するのも面白くて、注射が怖くて私達のセクションは来たがらなかったり、逆にお医者さんごっこと言えば注射だろう!といわんばかりに楽しみにしている子がいたり、様々。

聴診器のセクションで耳に聴診器をあてるのを初め怖がっている子がいたのですが、お父さんが先にやってみせたら安心して使っているのを見て、やっぱり子どもが一番信頼している人が治療に参加することは効果があるんだと思いました。信頼出来るCare giverがいることで、不安が軽減されて治療に協力的になることができると思います。

とても勉強になった一日でした。

一番印象に残ったのはゴリラのぬいぐるみ。小さい子が大きいゴリラを抱えて来ていてとてもかわいかったです。

Teddy Bear bandage



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

natsu

Author:natsu
生まれた時から沖縄の太陽に焼かれ、、ただいま、CAの太陽に焼かれています。

2009年8月より沖縄へ戻ってきました。

2012年再留学。
まだまだ落ち着かない。未来は未知数!

2014年、約7年の道のりを経てやっとチャイルドライフスペシャリストになれました。というわけで今はまた沖縄の太陽に焼かれています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。